治療の効果は沢山ある

注射

知っておく事で活かせる

ダイエットしていても、いつまでも顔が痩せない事もあります。脂肪が減っているのに顔が大きく見えてしまう要因には骨格の問題と筋肉の発達が考えられます。筋肉が発達している事でエラが張り、顔が大きく見える場合最適な美容整形術がボトックス治療です。簡単で副作用のない治療方法ですが、施術後のケアには注意が必要です。エラが筋肉で張るのは咬む筋肉である咬筋の発達が原因になります。普段食事で使用する筋肉なので、ピンポイントに落とす事は非常に難しい筋肉です。ボトックス治療では日常生活に支障をきたさずピンポイントにこの咬筋を小さくする事ができます。エラにボツリヌストキシンという薬剤を注入するだけなのですが、細い注射針を使用する事や塗布麻酔も使用するので痛みはほとんどありません。この治療方法の特徴は効果がすぐに現れない所です。脳から筋肉への信号を遮断して筋肉の緊張を和らげ、徐々に咬筋を痩せさせていく過程です。その為施術してすぐに変わらないといって触ったり、揉んだりする事は控える必要があります。出血も腫れも現れないのですが、その様に触ったり揉んだりする事で小さな針穴から出血したり、注入した薬剤が広がって希望する効果を得られない事に繋がります。徐々に効果が現れるので、すぐに現れなくても焦る必要はなく、1ヶ月は様子を観る事が必要です。エラの張りを改善するボトックス治療で小顔を目指せる事ができます。この治療方法はエラの張り以外にも様々な美容効果があります。エラの張り同様に筋肉の発達により太く見えてしまう脚にも同じ効果が得られます。注入する事で徐々に脚の筋肉を小さくして、筋肉太りを解消する事ができます。当然筋肉が小さくなるといって日常生活に支障をきたす事はありません。筋肉を小さくする事で美容効果を得る以外に、筋肉の過度な動きや緊張を抑えてしわが発生する事も改善する事ができます。顔のしわは加齢によってどうしても発生します。コラーゲンの減少も要因ですが、表情筋の細かな動きや緊張によってこじわを発生させてしまうのも要因の1つです。それを解消する事ができるのですが、ボツリヌストキシンを注入する事でしわ改善以外にきめ細かい肌を形成する効果もあります。アンチエイジングの治療としても活用できるのですが、意外と知られていないのがワキガ改善に効果的である事です。ワキガは汗に含まれるたんぱく質等を腋にいる常在菌が分解して発生します。それだけでなく汗が服に染み込む事で、菌が増殖し周囲に独特な臭いを発散させてしまいます。その服をしっかりとケアしないと、次に着用した際に少しの汗ですぐに臭いを発生させてしまい、結果その服を諦める必要が出てきます。ボトックスは腋汗を抑制する効果があり、それにより臭いの発生を抑制するだけでなく服も守れます。